インプラント治療の費用っていくらかかるの?いろいろと違いがあるのはなぜ?

インプラント治療の費用っていくらかかるの?いろいろと違いがあるのはなぜ?

インプラント治療を検討した時に「費用の相場ってどれくらいなのだろう?」「なぜ歯科医院によって費用が違うの?」などの疑問を持たれる方が多くいらっしゃると思います。これからあなたの一部となり、一生を共にしていく大事な歯。スッキリと疑問を解消した上で、治療に臨みましょう。

インプラント治療の相場と内訳

インプラント治療の費用っていくらかかるの?いろいろと違いがあるのはなぜ?

インプラント1本あたりの費用は全国平均で30〜60万円ほどと言われています。
この費用の内容は大まかに、
診査診断料が、1~5万円
術前クリーニングと一次手術が、10~30万円(その際に基本手術料として、0~5万円 ※ディスポーザブルな滅菌された製品や手術環境維持費)
術前クリーニングと二次手術が、1~5万円
一次印象と最終印象および上部構造のセットが、10~30万円
その後のメンテナンス費用が、約1万円
となります。

なぜ歯科医院によって費用差があるのか

インプラント治療の費用っていくらかかるの?いろいろと違いがあるのはなぜ?

インプラント治療は国によってその金額に決まりがあるわけではなく、歯科医院が独自で金額を設定しています。そのため、先述した内容の金額が異なるため、費用に差が生まれるのです。その差は10万〜100万とも言われています。

それ以外にも、どのような素材を使うのかということでも金額が変わってきます。インプラントといえば、顎骨内に埋め込む金属製の人工歯根になりますが、その単価も安価なものだと数千円〜、国際的に認知されているメジャーなメーカーのものですと、5万円ほどかかります。

各コンポーネントも互換性のあるものから、各メーカーの規格のものと様々ですので、将来的な補修やメンテナンスを考えますと、先々まで安定したメーカーのものを選択することは安心した治療経過を過ごすためにも欠かせないです。

安定したメーカーを選択した方が良い理由

インプラントを使用している生活の中で必ず遭遇することに、不注意な食事中の事故があります。たとえば、あさりの砂抜きが不十分だったり、硬いお米が混じっていたりした場合などで、過大な咬合圧(噛み合わせの力)がかかるトラブルです。このトラブルのセーフ機構として、インプラントと上部構造を連結している内ネジ(アバットメントスクリュー)が緩むようになっています。それでも耐えきれない力の場合には、その内ネジが破断して壊れることで、骨内のインプラントへのトラブルを防止します。

その時に、かわりの内ネジが手に入る環境なのかどうかは重要なことです。いざトラブルが起きたときにそのメーカーが生産していなかったり、存在しなかったりということも発生しています。だからこそ、できるだけ安定したメーカーを選ぶことが大切です。どこのメーカーのインプラントを使用しているのか、メンテナンスの際の供給元の将来性について、先生に伺ってみるのが良いでしょう。

まとめ

インプラント治療に掛かる費用は歯科医院によって様々です。手術後のメンテナンスのことも考慮して、ご希望の歯科医院の先生と事前によくお話しをすることが大切です。
プラスα:自由診療と医療費控除
インプラント治療は自由診療ですので、健康保険は適用されません。ところが、高額治療となりますので医療費控除の対象となります。申請をすると一部の金額が戻ってきますので、利用をご検討されるのが良いでしょう。医療費控除についても簡潔にご紹介していますので、こちらの記事をご覧ください。

歯医者の治療費(矯正・インプラントなど)は医療費控除できるの?

以上「インプラント治療の費用っていくらかかるの?いろいろと違いがあるのはなぜ?」でした。